東京都内の病院に入院中の仲井真弘多知事は19日、首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、沖縄科学技術大学院大学の整備拡充について要請する。県関係者によると、仲井真知事は一時外出を申請し、許可された。退院日は決まっていない。

 知事は、17日の沖縄政策協議会で米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止を要求した。知事は、普天間の移設や運用停止の実現可能性、県民世論を見極め、名護市辺野古の埋め立て申請の可否判断をする。

 首相は、知事が年内に可否を判断する意向を示したことに対し18日、「県で検討してもらっている。受け入れていただけるような努力を積み重ねていく」と述べた。都内で記者団に語った。