米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた埋め立て申請に関する県の審査が最終段階を迎えている。県土木建築部の審査結果の報告を受けた後、年内にも仲井真弘多知事が結論を出すとみられるが、判断材料となる関係法令上の論点や可否の分かれ目をまとめた。