【東京】山本一太沖縄担当相は20日、2014年度の沖縄関係予算で麻生太郎財務相と折衝し、概算要求額(約3408億円)に積み増し、総額3460億円とすることが了承された。24日の閣議で正式に決定する。

 総額のうち、那覇空港の第2滑走路増設事業については19年末までに完成させるため330億円(概算要求額比30億円増)を確保するとともに、15年度以降についても「沖縄振興の施策展開に影響が出ないように」と所要額を確保することを決めた。

 また、一括交付金についても、沖縄振興特別推進交付金(ソフト)が826億円、沖縄振興公共投資交付金(ハード)は932億円とし、それぞれ概算要求額より増額となった。

 山本氏は折衝後に記者団の取材に応じ「沖縄が日本経済活性化のフロントランナーになるように振興予算の総額は消費税引き上げの影響も踏まえて、要求額以上の予算を確保する」と説明した。