東京商工リサーチ沖縄支店は20日、県内ハウスメーカーの販売住宅数、分譲マンション契約数の年間ランキング(2012年10月~13年9月)を発表した。一戸建て販売は大成ホームが133戸を販売し、4年連続で首位をキープ。共同住宅販売は沖創建設が24棟、分譲マンション契約数は大和ハウス工業が312戸で、それぞれトップに立った。対象企業の販売・契約数の合計は3部門とも増加。同支店では住宅ローン金利の低下、消費税増税前の駆け込み需要などが要因とみており「旺盛な住宅需要が数値にも表れた」としている。

 一戸建て38社(前年36社)の販売総数は、前年比179戸(17・5%)増の1199戸となり、統計を始めた10年以降、初めて千戸を超えた。全体の約7割に当たる27社が前年より販売戸数を伸ばした。

 販売戸数のトップは4年連続で大成ホーム、徳里産業102戸、アイムホーム87戸と続いた。増加数はゆがふハウスの31戸が最多。1社当たりの平均販売戸数は前年より4・9戸多い31・6戸だった。

 共同住宅26社(前年27社)の販売総数は前年比18棟(9・2%)増の213棟。沖創建設が24棟を販売し、2年ぶりのトップ。大晋建設22棟、大鏡建設21棟と続いた。増加数は大晋建設の13棟が最も多かった。1社当たりの平均販売棟数は前年比0・9棟増の8・2棟。

 分譲マンション13社(前年同数)は契約総数は599戸(81・1%)増の1338戸。那覇市おもろまちに地上30階建てのツインタワーマンション「リュークスタワー」を建設した大和ハウス工業が、契約戸数(312戸)、前年比の増加数(270戸)ともトップ。次いでプレサンスコーポレーション161戸、エールクリエイト143戸などの順。大型物件を開発する企業が多く、100戸以上の実績は前年の2社から6社に増えた。

 販売戸数・棟数はアンケートに回答した各社の申告によるもの。一戸建て・共同住宅は県内に本社を構える企業、マンションは県内で分譲を手掛ける企業(自社施工)が対象。