【八重瀬】学童軟式野球の第125回県南部Bブロック予選夏季大会(第2回沖縄タイムスワラビー杯争奪大会)が4日、開幕した。町の東風平総合運動公園ソフトボール場で開かれた開会式に東風平、南風原両町から出場する計20チームが集まり、健闘を誓った。

元気よく宣誓する東風平星の久高琉稀人主将(中央)=4日、八重瀬町・東風平総合運動公園

 主催は県野球連盟南部支部学童南部Bブロック、共催は沖縄タイムス南風原・八重瀬販売店会。18日まで3日間の日程で行われ、上位2チームが7月の県大会に出場する。

 選手を代表して東風平星の久高琉稀人(るきと)主将(11)=東風平小6年=は「最後まであきらめず、全力でプレーすることを誓う」と宣誓した。

 南部支部では同日、南城市と与那原町の南部A、糸満の両ブロックも開幕、県大会を目指す熱戦がスタートした。