全国総体優勝メンバーが多く残る興南が序盤から攻守でコザを圧倒。堅い守備から一気にゴール前までボールを運ぶ速攻や、素早いパス回しで相手をかき回して、下地利輝主将や伊舎堂博武が得点を重ねた。 前半は25-13と大量リードし「持ち味が出せた」と下地主将。