【沖縄】光と雪と花火が冬の夜空を彩る、第18回沖縄こどもの国クリスマスファンタジー(主催・同実行委員会、共催・沖縄こどもの国)が22日、同園で始まった。園内は140万個の電球で飾られた壮大なイルミネーションや、沖縄最大級のレーザーショーが夜空を色鮮やかに照らし出した。28日まで。

華やかなイルミネーションの前でポーズをとる子どもたち=22日、沖縄こどもの国(我喜屋あかね撮影)

 雪のゆうえんちでそり遊びや雪だるま作りを楽しんだ那覇市の喜屋武日菜子さん(8)と上里朱哩(あかり)さん(8)は「雪は冷たくて楽しかった」と笑顔で話した。