故障者続きのコラソンの攻撃がやっとかみ合い、今季初めて上位から白星をもぎ取った。 前半途中でリードして以降、追いつかれても粘った。湧永を22点に抑えた守備に、東長濱秀吉監督は「今日は我慢だった。苦しい場面に耐えられるようになった」と手応え。最終盤、焦りでミスを重ねた湧永とは対照的だった。