男子興南は危機を乗り越えた自力が光った。 3点弾で勝負する法政大第二に対し、落ちた球をしっかり拾いながらシューター下地敦之が外から応戦。今大会からポイントガードを任された2年生の比嘉崇光も試合を組み立てながら自ら切り込んで得点し、10点リードで折り返した。