【座間味】座間味村座間味島の北約1キロ沖の海域で、23日午前9時ごろ、同村ホエールウォッチング協会が、ザトウクジラ2頭を今季初確認した。村は「シーズン到来」と沸いている。同協会の業務開始は27日。来年4月初めまで、島は雄大なクジラの姿を間近で見ようと訪れる観光客でにぎわう。

今年も慶良間海域に姿を現したザトウクジラ=座間味村座間味島から約1キロ北(宮城清さん撮影)

 確認した同協会理事の宮城清さん(53)によると、ザトウクジラは全長約13メートルで、大人のつがいのように見えたという。宮城さんは「また帰ってきてくれて、うれしい」と喜んだ。

 またことしは、東京・しながわ水族館で31日まで、村が開催中の「クジラの郷 沖縄・座間味村ホエールウォッチング展」の影響か、事前予約が例年を上回る伸びという。(田中英理子通信員)