学校法人KBC学園グループの専修学校ビューティーモードカレッジ(那覇市・松根正廣学校長)の校舎1階部分に、美容室「ミリュー・ヘアスタジオ・ウィズビー」がこのほどオープンした。学校敷地内に美容室を併設するのは県内初。仲宗根真副校長は「プロの美容師の日常を見て、学生は職業意識を育ててほしい」と期待する。

学生を相手に、デモンストレーションを行う田本きよ子さん(左端)=那覇市・専修学校ビューティーモードカレッジ

 同校は文部科学省の「職業実践専門課程」の認定を受けており、美容室の併設で企業と連携した実践的な職業教育の実現を目指している。

 美容室のオーナー・田本きよ子さんは同校で講師を12年間務め、今も非常勤で指導する。カットやシャンプーの技術など「学校と社会を結ぶ場にしたい」とし、インターンシップ受け入れに加え、定休日に開放するなど活用方法を模索している。

 同校1年の宮城あかりさん(18)は「目標の美容師像をイメージしやすい」と話した。