【嘉手納】嘉手納町商工会は22日、新町通りで「雪まつり&大道芸人とゆるキャラまつり」を開いた。約40トンの氷がスノーマシンで雪に変わり、子どもたちは雪合戦やそり遊びに大はしゃぎだった。

雪だるまを作って遊ぶ子どもたち=嘉手納町・新町通り

 まつりは「子どもたちに夢を与え、町を元気にしたい」(渡口彦則会長)と昨年に続いて開催。嘉手納小4年の林マテュー君(10)は長靴をはいて準備万端。「昨年も来た。冷たくて楽しい。雪だるまを作りたい」と走り回った。

 町キャラクターの「いもっち」をはじめ、南風原町の「はえるん」、南城市の「なんじぃ」、沖縄市の「エイ坊」、うるま市のヒーロー「伝統神ウルマー」も出演。

 各ゆるキャラのクイズもあり子どもたちが歓声を上げて楽しんだ。