沖縄気象台は24日、那覇市首里の末吉公園内でツバキが開花したと発表した。平年の1月5日より12日早い。

平年より12日早い開花となったツバキ=24日、那覇市首里の末吉公園(沖縄気象台提供)

 同気象台によると、1988年の観測開始以降、最も早い開花は2012年の12月13日で、今年は4番目の早さだった。

 ツバキは、植物の開花や動物の初鳴きの日で季節の移り変わりを調べる「生物季節観測」の一つ。同気象台が植物10種、動物8種を観測している。