【名護】任期満了に伴う来年1月19日投開票の名護市長選で、野党保守系候補の一本化を目指している自民党本部が、前県議の末松文信氏(65)へ一本化する最終調整に入った。関係者によると、自民党副幹事長の中谷元氏が沖縄入りし、早ければ25日にも末松氏と前市長の島袋吉和氏(67)の会談を設け、立ち会う見通し。

 仲井真弘多知事が市辺野古沖埋め立ての可否判断をする前に、島袋氏が一本化への道筋を示すことで、知事の承認を後押しする狙いがあるとみられる。

 普天間飛行場の辺野古移設を推進する島袋氏は20日にも中谷氏と面談。面談後、「(中谷氏に)今のところ一本化はあり得ない」と返答したことを明言。一方で、今後、一本化する余地はないかとの問いには「分かりません」と含みを持たせていた。