県内の全公立小中学校が26日から冬休みに入る。3学期制の学校では25日、終業式があったほか、2学期制の学校では2学期前半が修了した。

先生からよい子のあゆみを受け取り、成績を確かめる子どもたち=25日午後、中城村の津覇小学校

 3学期制の中城村立津覇小学校(喜納裕子校長)の2年1組では、仲井間郁子教諭が児童一人一人に「よい子のあゆみ」を手渡すと、児童が「ありがとう」と話しながら、仲井間教諭と力いっぱい握手した。

 新垣心三郎君は「二重丸がいっぱいで、胸を張っておうちに帰れます。冬休みはかけ算九九をマスターしたい」とはにかんだ。