【名護】任期満了に伴う来年1月19日投開票の名護市長選で、野党保守系候補を前県議の末松文信氏(65)へ一本化することが25日夜、決まった。前市長の島袋吉和氏(67)が出馬断念に応じた。

 両氏は同日午後、自民党の中谷元副幹事長と額賀福志郎元防衛庁長官、島尻安伊子氏、両陣営の後援会らを交え一本化について協議し、その後の会見で正式に発表した。

 野党保守系候補の一本化に伴い、同市長選は現職の稲嶺進氏(68)と末松氏による一騎打ちになる公算が大きくなった。