国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ(キジムナーフェスタ)の存続を求めるシンポジウムが25日、那覇市の県立博物館・美術館で開かれた。同フェスタは主催団体の一つの沖縄市が、次年度の開催を見送ることを決めた。

 シンポでは同フェスタを「沖縄の誇るべき国際的なフェスティバル」と強調。無くなることに「未来に向かっての沖縄の文化にとっての大きな損失となると危惧」し、継続を求める緊急提言がなされた。

 パネリストやフロアからは、県全体で支える重要性が指摘され「広域開催」も示唆された。

 代表発起人の杉浦幹男さんは継続に向けた建設的な議論を呼び掛け、意見を募っている。劇作家で演出家の平田オリザさんは「同フェスタの国際的な評価は高まっている」。東京芸術劇場の高萩宏副館長も「子どもたちに舞台芸術に触れる機会を提供する意義は大きい」と話した。

 演出家の富田めぐみさんも「みんなのフェスティバルという意識が大事だ。何を新しくし、何を財産として残すのか考えたい」と語った。