2013年12月27日。この日は、新たな「屈辱の日」として沖縄の歴史に深く刻み込まれるはずである。多くの県民が、裏切られた怒りとやるせなさ、言いようのない脱力感に包まれたまま、沖縄にとって大きな岐路となる日を迎えた。