興南は優勝候補の福岡大大濠に対し、果敢に攻め込んだが及ばなかった。 第1Q、比嘉崇光や城間銀治郎の2年生コンビ、3年生の金城健一朗が高さのある大濠のインサイドの隙を突き、小気味よく得点を重ねた。だが第2Q以降は、攻守の手数と地力で勝る大濠に畳み掛けられた。 残り1分は、3年生だけがコートに立った。