【名護】名桜大学(瀬名波榮喜学長)は26日、瀬名波学長の勇退に伴い第5代学長に、山里勝己副学長(64)を選定したと発表した。同大は25日の選考委員会で3候補から山里副学長を選び、26日に比嘉佑典理事長に報告した。来春の理事会で承認し正式決定する。瀬名波学長は任期1年を残し本年度で勇退する。

 山里副学長は「瀬名波学長の残してきたものを発展・充実させ、国際性豊かでグローバルな人材を育成したい」と抱負を語った。新学長の任期は2014年4月~17年3月の3年間。

 山里氏は1949年、本部町生まれ。琉球大学法文学部英文科、ハワイ大大学院修士課程、カリフォルニア大学デイヴィス校大学院博士課程を修了。75年から琉大勤務。94年と2001年には名桜大と同大学院で非常勤講師を務め、07年から同大外部評価委員、13年4月から同大副学長。専門は米文学。