政府は27日、米軍普天間飛行場移設問題をめぐって仲井真弘多沖縄県知事が埋め立てを承認したのを受け、安倍晋三首相が約束した基地負担軽減策の検討を本格化させた。米軍基地内への立ち入り調査を可能にする新たな協定などで米側の理解を得るのは容易ではなく、立ちはだかる難関を突破できるかは不透明だ。