3年ぶりに花園の地を踏んだ名護は全国大会でのチーム最多得点を挙げ、2回戦に進んだ。宮里純貴主将は「ゲームの入り方が大事。ディフェンスから流れを引き寄せて先制点」とメンバーを鼓舞。序盤から積極的な攻撃を仕掛け、前半3分にWTB久高亮一郎のトライで先制に成功した。