ラグビーの第93回全国高校大会は27日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開幕し、1回戦8試合を行った。3年ぶり15度目の出場となる沖縄代表の名護は浜松工業(静岡)を79-7で下し、初戦を突破した。名護は前半から立て続けにトライを量産。計12トライで圧倒し、4年ぶりに2回戦へ駒を進めた。名護は30日午後2時から、関商工(岐阜)と対戦する。

 開会式直後に行われた7人制の「U18花園女子セブンス」普及の部東西対抗戦で中村佳奈(名護)が西軍メンバーで出場し、勝利に貢献した。

 28日は1回戦の残り11試合を実施。今春の選抜大会を制した大阪桐蔭(大阪第2)などシード校は30日の2回戦から登場。決勝は来年1月7日に行われる。