【糸満】大みそか夜に食べる縁起物の年越しそば。沖縄そばの製麺工場で製造出荷がピークを迎えている。糸満市のサン食品では26日から30日まで24時間体制でそばを製造。31日早朝まで、年越し用に約75万食を製造する予定だ。

年越しそば出荷のピークを迎え、工場では24時間体制で作業に追われている=29日、糸満市のサン食品

 同社工場では、ゆで上げた麺を従業員らが手作業で冷ましたり、仕分けたりする作業に追われていた。

 同社によると、生産量は昨年並みだが県外向けが順調で、4割近くが関東を中心に出荷される。同社は「年越し用の沖縄そばが県外でも周知されてきた。県外向けの出荷が昨年比で約1・5倍に伸びている」と話している。