北中城村農水産物フェア(主催・同実行委員会)が28日、同役場駐車場であり、年末年始の食材を買い求める客でにぎわった。

正月用の野菜や花を目当てに多くの買い物客が訪れた農水産物フェア=北中城村役場

 村やJAおきなわ、漁業協同組合などが地産地消の促進を図ろうと毎年年末に開催している。

 この日はレタスやキャベツ、ホウレンソウ、大根の葉など10種類超の野菜が100~250円で販売され、正月用のランの盛り花や特産品のアーサの加工品なども並んだ。

 北谷町から訪れ、レタスやインゲンなどを袋いっぱいに買い込んだ朝比奈真実さん(28)は「種類が豊富でうれしい。安くて生産者の顔も見られるので安心。正月に備えたい」と笑顔だった。