男子佐敷はタイプの違うフォワードの170センチトリオが躍動し、8月のポッカ杯に続いて優勝を飾った。 高江洲との決勝は、試合を通してゴール下で強さを発揮した吉田龍太郎がチーム最多の18得点。