本部町出身で、プロボクシング日本ス-パーフェザー級9位の江藤伸悟(白井・具志堅スポーツ)は4日、東京・後楽園ホールで同14位の末吉大(帝拳)と59・8キロ契約ウエート8回戦を戦い、0-3の判定で敗れた。昨年12月、東洋太平洋王座挑戦に失敗して以来の試合だったが、再起を飾れなかった。