むぬかちゃー(ライター)の知念ウシさんが著書「シランフーナーの暴力」(未來社)を出版したことを記念した講演会が29日、ジュンク堂書店那覇店で開かれた。新基地建設に伴う辺野古埋め立てを承認した仲井真弘多知事を「植民地エリートの典型」と批判。「沖縄人はオール沖縄で団結した経験を大きな財産として、新しいことを考えていこう」と呼び掛けた。

「自分の思いに従って動ける人がたくさんいれば社会全体の力になる」と話す知念さん(右)と桃原さん=29日、ジュンク堂書店那覇店

 沖縄国際大学の桃原一彦准教授と対談する形で進められた。

 知念さんは仲井真知事が記者会見で日本政府を「自分の政府」と呼んだことに「沖縄の最高政治責任者が実は日本政府の“職員”だったことを知って落胆した」と吐露。

 また「沖縄は金で転んだ」と県外の人に思われることを心配している人の多さに「本土の人のまなざしがすぐそばにあり、その圧力の重さを感じていることに驚いた」と話した。「ヤマトンチュがもし『沖縄は金で転んだ』というのなら、基地を押し付けてシランフーナー(知らんふり)する暴力どころでない、(日本の問題を)沖縄人のせいにして侮辱する暴力だ」と糾弾した。

 沖縄人には辺野古の埋め立てを止める運動とともに、自分の内面にある「日本人」の価値観を変えることの大切さを呼び掛けた。

 桃原さんは「沖縄の人には運動から政治を獲得してきた財産があったが、知事はそれを台無しにした。若者に政治不信を植え付け、本土の人から沖縄の人はこうだ、と差別される危険をつくった」と批判した。