大手水産マルハニチロの子会社アクリフーズの群馬工場で生産した冷凍食品の一部から農薬が検出された問題で、回収対象品があった県内スーパーは、返品、返金を呼び掛ける対応をとった。いくつかの返品があったが数量は各社とも集計中。健康被害などの報告はない。

 29日にアクリフーズから同工場で生産している商品の自主回収の連絡があり、各社は売り場から商品を撤去した。

 サンエーやイオン琉球、リウボウストアでは「ミックスピザ3枚」など複数の対象商品があった。買い物客には対象商品の写真とともに、返品呼び掛けやアクリフーズの問い合わせ先などを記した告知を掲示し、注意喚起している。

 ユニオンでは対象商品は無かったが、取り扱っているマルハニチロの冷凍商品を全て撤去した。

 各社の担当者らは「年末の書き入れ時に、こんな問題は迷惑だ。早く原因究明してほしい」と話した。