名護は主将と副将が体を張ってチームを引っ張り、2回戦を突破。大会前に掲げた目標の「元旦を花園で」を、7大会ぶりに達成した。 試合前、宮里純貴主将は「大きな相手でも激しく当たっていこう」と奮起を促した。平均体重で4キロ上回る相手フォワードに対し、真っ向勝負を展開。