「有史以来の予算だ」。仲井真弘多知事が政府を褒めたたえた2014年度の沖縄振興予算。県が求める振興施策に政府が「最大限の努力」で応えたという総額3460億円には、沖縄の自立発展に向けた大きな弾みになると期待もあるが、結局のところ米軍普天間飛行場の辺野古移設と引き換えにした予算だったとの見方も強い。