元海兵隊員で米軍属の男による女性遺体遺棄事件を受け、日米両政府は4日、シンガポールでの日米防衛相会談で、日米地位協定の対象となる米軍属の扱いの見直しに向けた協議に入ることで合意した。県が求める抜本的改定とはほど遠く、県幹部からは「不十分だ」と不満の声が上がる。