沖縄気象台によると県内正月三が日の天気は、2日まではおおむね晴れるが、その後は寒気の影響で雲が広がりやすく、雨が降る日もある。1日は晴れで初日の出を見ることができる可能性がある。

 第11管区海上保安本部の発表では、沖縄本島で最も早い初日の出は、国頭村の与那覇岳で午前7時11分。続いて名護市の多野岳で7時12分、ニライカナイ橋、勝連城跡、知念岬公園では同14分、辺戸岬は同15分としている。日の出方向は東南東。同本部のホームページで詳細を掲載している。

 向こう1週間の最高、最低気温はともに平年並みか、平年より低い。2日は晴れ時々曇り、3日も曇りの予想。