2日が新春初商いの県内百貨店には、福袋を目当てに多くの客が詰めかけた。このうち那覇市久茂地のデパートリウボウでは約4千人の行列ができ、開店と同時に売り場へ急いだ。

バックや財布が入った福袋を買い求める家族連れ=2日午前11時ごろ、那覇市・デパートリウボウ

 福袋は1050円の和菓子から260万円の宝飾品まで計230種類。10万円相当の紳士服や財布が入った2万1千円の福袋4袋は、すぐに完売した。

 八重瀬町の金城節子さん(52)は女性服入りの2袋を手に入れ「幸先いい」と喜んだ。企画した年男の八幡辰弥・店舗企画部長(47)は「好天に恵まれた。馬が駆けるように売り上げも伸びてほしい」と願った。