1日午後2時26分ごろ、台北救難調整本部から、海上保安庁に「中国人1人が乗った熱気球が尖閣諸島の魚釣島南方海上で行方不明になった」と救助要請があった。同庁のヘリコプターが付近を捜索したところ、同島から南方約22キロの海上に着水した熱気球を発見。領海内にいた中国籍の男性(35)を救助した。けがはなかった。

魚釣島近くの海上に落下した熱気球=1日午後3時ごろ、尖閣諸島・魚釣島南方海上(第11管区海上保安本部提供)

 男性は同日夜、接続水域で中国公船に引き渡された。海上保安庁の事情聴取に「魚釣島に上陸するつもりだった」などと話していたという。

 第11管区海上保安本部は、上空で熱気球がコントロールできなくなったことが原因で不時着したことや、着水場所が不明などとして、入管法違反などでの立件はせず「人道的な観点から救助の対応をした」と説明している。

 男性は中国河北省の調理師で、1日午前8時ごろに福建省を飛び立ったと供述していたという。熱気球で尖閣諸島に接近する例は初めてとみられる。