年が明けた1日、県内各地で「元日ベビー」が誕生した。那覇市首里汀良町の伊波レディースクリニックでは、男女2人の赤ちゃんが元気な産声を上げ、家族らは二重の喜びに包まれた。

元日に生まれたわが子を抱く屋良郁乃さん(左)と宮平恵実さん=1日、那覇市首里汀良町の伊波レディースクリニック

 那覇市の屋良郁乃さん(33)は、1日午前6時43分に次男の颯人(はやと)ちゃん(2952グラム)を出産した。3人目の子。出産は予定日より3週間早かった。「まさか元旦に生まれるとは。家族皆で『おめでたいね』と喜んでいます」と笑顔。「やさしい子に育ってほしい」と腕に抱いたわが子を見つめた。

 同市の宮平恵実さん(38)は、午後1時40分に次女の真奈ちゃん(3510グラム)を出産した。予定日より2日遅れの誕生に「お正月と重なって、二重にうれしい」とにっこり。夫の卓さん(33)は「健康で元気な子に育ってくれれば十分」と目を細めた。お姉ちゃんになった長女の朋佳(ともか)ちゃん(6)は「かわいい。一緒に『だるまさんが転んだ』をして遊びたい」とはしゃいでいた。