【千葉で花城克俊】全国高校サッカー選手権第3日は2日、千葉県ゼットエーオリプリスタジアムなど首都圏8会場で2回戦の16試合が行われ、31日の1回戦で遠野(岩手)を3-1で破り、初戦を突破した那覇西が神戸弘陵(兵庫)を3-2で下し16強入りを決めた。那覇西の3回戦進出は3大会ぶり。

2回戦 那覇西-神戸弘陵 前半、ヘディングで先制点を決め、喜ぶ那覇西の上原勘七(右から2人目)=千葉県ゼットエーオリプリスタジアム(伊藤桃子撮影)

 那覇西は前半4分、DF上原勘七のヘディングシュートで先制。後半11分、17分にはDF宮城良壽が追加点を挙げて、3-0とリードを広げた。23、30分に神戸に連続得点を許したが、守り切った。次戦は3日午後2時10分から、千葉県フクダ電子アリーナで、前年準優勝の京都橘と対戦する。