浦添市のオリオンビール本社で3日、新春恒例の「初荷式」が開かれ、計57キロリットル(350ミリリットル缶換算で6800ケース)のビールを載せたトラック10台が社員や招待客らに見送られて中南部の販売代理店に向けて出発した。嘉手苅義男社長は「沖縄県になくてはならない企業となるべく新たな目標に向かってまい進していく」と抱負を述べた。

職員に見送られ、初荷のビールを載せたトラックが本社を出発する=3日午前9時半ごろ、浦添市城間・オリオンビール本社