【南城】「認知症を学び地域で支えよう」と12月25、26の両日、認知症サポーター養成講座が南城市役所大里庁舎市民ギャラリーであった。市福祉部全職員が対象で、延べ50人が参加した。

認知症サポーターとなった受講者=南城市・市民ギャラリー

 「認知症サポーター100万人キャラバン」の一環。市地域包括支援センターの職員が講師を務め、「認知症とはどういうものか」「認知症の症状」などの基礎知識を分かりやすく説明。DVDで自尊心を傷つけない対応の仕方を学んだ。受講者には認知症サポーターのシンボル・オレンジリングが手渡された。

 イベントには、ゆるキャラ「なんじぃ」も駆け付けPRした。(平田美智子通信員)