バレーボールの第66回全日本高校選手権(春の高校バレー)は5日、東京体育館で開幕する。

 県代表の男子西原、女子首里は、ともに同日の1回戦から登場する。4年連続19度目の出場となる西原は、広島工大高と対戦する。勝てば6日の2回戦で郡山北工(福島)と高松工(香川)の勝者と戦う。

 春高バレー初出場の首里は長岡商(新潟)と対戦。勝てば2回戦で共栄学園(東京)に挑む。男女とも7日に4強が出そろう。11日に準決勝、12日に決勝を行い、高校日本一が決まる。