県はこのほどインターネットのホームページ(HP)をリニューアルした。お知らせや庁内部局の情報がシンプルに並んだ旧バージョンから、写真や動画を多用した視覚的趣向を凝らしたデザインに変更。動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」にも県のチャンネルを開設し、仲井真弘多知事の会見など5チャンネルを用意している。

使いやすく視覚的にリニューアルされた県のホームページ

 情報の羅列から、「観光・移住」「事業者」「子ども」「報道」「外国語」と情報を得たい人別にページを設定し、活用を促す。普及が進むスマートフォンやタブレットでHPを開いた際も、読みやすいよう文字のサイズやデザインの大きさが自動で変更されるよう設定した。

 初めての試みとなるユーチューブの活用は5チャンネル。1チャンネルの「知事記者会見」は定例会見に加え、昨年12月27日に米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設のための公有水面埋め立て申請の承認を発表した臨時会見も見ることができる。2チャンネルは県広報が地上波のテレビで放送している広報番組「うまんちゅひろば」を掲載。昨年12月末現在で2013年4月分から6回分を載せている。

 残りの3~5チャンネルは、那覇空港第2滑走路増設や鉄軌道導入などを分かりやすく動画にまとめた「県の取り組み」、公共交通の改善を呼び掛ける「わった~バス党」など県が作成した「CM」、県外の観光客を中心に自然や文化を紹介する「沖縄県の魅力紹介」がある。