日本トランスオーシャン航空(=JTA、那覇市、佐藤学社長)は5日、機体にジンベエザメを描いた特別塗装機・ジンベエジェットの2号機「さくらジンベエ」を那覇空港で初公開した。

就航するJTAのジンベエジェット2号機「さくらジンベエ」=5日午前、那覇空港

 沖縄美ら海水族館とのタイアップ企画。2012年12月に就航した初号機「ジンタくん」のパートナー機として、雌のジンベエザメをイメージし、ピンク色の塗装に北部地域の桜をあしらった。同水族館で取り組んでいる世界初のジンベエザメの人工繁殖プロジェクトの支援企画。

 さくらジンベエは同日午後、宮古に向けて第1便が飛び立った。