【糸満】糸満漁業協同組合の初競りが4日午前、市西崎の糸満漁港北区セリ市場で開かれ、マグロ類やソデイカなど約10トンが取引された。昨年末から正月にかけて天候が良く操業が順調で、例年よりも多く市場に並んだ。

糸満漁業協同組合の初競りで、マグロを競り落とす仲買人=4日、糸満漁港北区セリ市場

 初競りの前に、関係者約100人が航海の安全と豊漁を祈願。セリ長の威勢のいい掛け声でセリが始まり、仲買人が次々に魚を競り落としていた。

 キハダマグロとメバチマグロが1キロ当たり2千円の最高値をつけた。水揚げが多かったトンボマグロは安値で取引された。

 糸満漁協の金城宏組合長は「日台漁業協定締結後、沖縄の好漁場に台湾船や中国船が増え、県内の漁業者にとって厳しい状況。海難事故防止や水産資源の保全のため、一刻も早い操業ルールを確立してほしい」と希望した。