運転免許更新時の認知機能検査で「認知症の疑いあり」と判定される75歳以上の高齢者が増えている。検査が昨年9月から記憶力を重視するようになったからだ。