那覇市議会(安慶田光男議長)は6日の臨時議会で、「仲井真県知事の辺野古埋め立て承認に抗議し、辺野古移設断念と基地負担軽減を求める意見書」を賛成多数で可決した。賛成33人、反対5人だった。

 意見書では、「埋め立て承認は建白書に反する。知事のこれまでの公約や議会答弁と埋め立て申請の承認は矛盾しており、県民に対して説明責任を負うことは言うまでもない」と指摘。埋め立てを承認した知事へ抗議し、辺野古移設断念を含めた基地負担軽減策を早急に実行するよう政府に求めた。