【国頭】国頭鉄工所の大嶺正年代表(66)=村奥間=は昨年12月下旬、出身地の村浜区に集会の合図や時を知らせる鐘と架台を贈った。鉄工所の仕事を続けて50年という節目に古里へ貢献したいと、生業(なりわい)の技術を生かして鐘を新調。大みそかの31日、「除夜の鐘」としてお披露目され、区内に新しい鐘の音が響いた。

大嶺正年さん(右)が作った架台に釣り下げた鐘をたたく島袋榮一区長=12月31日、国頭村浜区

 島袋榮一区長らによると、浜区では以前から正午や午後5時を知らせる時報や、代議員会の開催、告別式や火災などを知らせるために鐘を鳴らしており、鐘の音が暮らしに根付いている。

 行政無線が導入され、鐘を使う頻度は減ったというが、暮らしに密着した鐘の音になじんだ区民も多く、まだまだ不可欠という。

 大嶺さんは仕事の節目を迎えたことを機に「ふるさとに鐘を贈りたい」と思い立ち、ガスボンベを再利用して高さ250センチ、重さ300キロの釣り鐘と架台を作った。

 架台には、区民の団結や固い絆をイメージして硬いダイヤモンドを模したひし形のマークや、長寿長命を表した風車、区で栄えた漁業の歴史を象徴した魚と波模様などをオブジェ風にあしらった。

 大嶺さんは「1世紀後も残るように丈夫に作った。定期的に整備してほしい」と要望。島袋区長は「“時は鐘なり”というくらい、浜区にとって無くてはならないもの。みんなから愛される鐘になる」と感謝した。