西原は優勝候補とがっぷり四つで戦ったが、及ばなかった。それでも3年生たちは、全力を出し切った充実した表情で最後の大会を終えた。 ボールを拾ってトスがきっちり上がりさえすれば、西原の攻撃も十分に通用した。大塚との差はわずかだっただろう。