県議会は7日の議会運営委員会(崎山嗣幸委員長)で、臨時会を9、10の両日に開くことを決めた。仲井真弘多知事は9日の本会議に出席し、普天間飛行場代替施設の埋め立て承認に関する経緯を説明した上で、県議との質疑に臨む。議運では県議会の7会派それぞれが質問20分まで、答弁を合わせて60分まで知事と質疑することを申し合わせた。知事の承認に特化した論戦が、合計7時間程度、繰り広げられそうだ。

 野党4会派は9日の知事の答弁内容を見極めた上で、知事への抗議決議を提案するかどうか判断する。

 野党は政府に普天間飛行場の閉鎖・撤去と辺野古移設断念を求める意見書も提出しており、委員会審議を経て10日に採決される。

 一方、与党の自民は、普天間飛行場の早期返還を求める趣旨の意見書を提案する予定だ。野党の意見書や抗議決議は、普天間飛行場の県外移設を堅持している与党の公明県民無所属、辺野古移設を容認している中立のそうぞうなどの動向が焦点となる。