全国高校サッカー選手権で16強入りした那覇西のプリンスリーグ九州2部参戦が決まった。全国9地区で行われる同リーグは、高校のほかJクラブユースチームも加わる。那覇西は12月22日に行われたリーグ参入戦で東福岡セカンドを2-1で下して、3年ぶりにリーグ復帰を決めた。

選手たちを指導する玉城真哉監督(手前左)=那覇西高校

 全国高校選手権での激闘を終え、7日から新チームが本格始動。新主将となった永山剛毅は「選手権でベンチ入りしたメンバーが9人残り、経験は他のチームに引けをとらない。強豪チームとの試合を通してさらに上のレベルに進みたい」と意気込んだ。

 永山とともにチームを引っ張る富山隆史副将は「全国の舞台を肌で感じ、刺激を受けた。リーグ参戦は自分たちの実力がどれだけ通用するかを知る絶好の機会」とやる気十分だ。

 玉城真哉監督は「参戦による過密日程で、チームづくりが難しくなる可能性もあるが、県外チームと対戦することで、厳しい試合での底力になってくれれば」と期待を込めた。

 那覇西のリーグ初戦は4月6日に鹿児島で行われる。