沖縄ハム総合食品(読谷村、長濱徳勝社長)は8日、県庁で記者会見し、同社の二つのレトルトパウチ食品が香港の大手スーパーマーケット「パークン・ショップ」で定番化されたと発表した。「ミニコンビーフハッシュ」とタコス風味の「ロングタコス」で、昨年11月から同スーパーの64店舗で販売されている。同社商品の海外での定番化は、日系のスーパーや百貨店では実績があるが、現地のスーパーでは初めてという。沖ハムは2商品の定番化を機に昨年1500万円だった海外での売り上げをことしは4千万円まで引き上げたいとしている。

記者会見で香港での定番化を発表する沖縄ハム総合食品の長濱徳勝社長(右から2人目)と県物産公社の上里至社長(同3人目)=8日、県庁

香港の現地スーパー・パークンショップでの定番化が決まった沖縄ハム総合食品の(右から)「ミニコンビーフハッシュ」と「ロングタコス」

記者会見で香港での定番化を発表する沖縄ハム総合食品の長濱徳勝社長(右から2人目)と県物産公社の上里至社長(同3人目)=8日、県庁 香港の現地スーパー・パークンショップでの定番化が決まった沖縄ハム総合食品の(右から)「ミニコンビーフハッシュ」と「ロングタコス」

 定番化された2商品は、県内では約10年前から発売されているロングセラー。いずれも75グラム入りで、現地での販売価格は17・9香港ドル(1香港ドル13・5円換算で242円)。県物産公社、香港の卸問屋・海昌隆(ホイチョンルン)を通じて納品する。

 パークン・ショップは、香港で200店舗を展開する現地の2大スーパーマーケットの一つで、2商品の定番化は海昌隆の提案で実現。

 併せて定番化が検討されている別の1商品とともに、日系の百貨店やスーパーで開かれた沖縄フェアなどで特に売れ行きが良かったという。

 沖ハムは「手頃な価格帯で香港の食文化にも合ったようだ」と説明。

 県内では野菜などと炒めるチャンプルー料理に使われるのが一般的だが、現地での試食販売では、パンに塗ったりワインのおつまみとしてクラッカーに乗せたりするスタイルを提案していくとしている。

 同社は7~8年前から海外展開を手掛け、現在は香港を中心にウインナーソーセージやレトルト商品、飲料など計29アイテムを輸出。

 定番化決定後3カ月で、コンビーフハッシュは約2500個、ロングタコスは2300個を出荷し、実績は定番化前の約9カ月の10倍余りになった。

 沖ハムの長濱社長は会見で「今後も物産公社と連携しながら、新商品の展開にも取り組みたい」と意欲を語った。